コロナショック後に求められるもの。
アフターコロナ、ウィズコロナの施設内感染リスクの軽減。

「コロナ前の社会には戻れない」とメディアで報じられ、多くの企業がウィズコロナやアフターコロナにおけるオフィスのあり方を模索しています。確実に言えるのは生活者の意識が変わったことです。企業は新しい「日常の働き方」「日常のオフィス」を再構築していく必要に迫られています。



厳しい経済環境、これ以上の損失を出すわけにはいきません。
今回のコロナショックで、対策としてテレワーク・リモートを実施されている企業も多くあると思います。なかなか普及が進まなかった在宅勤務ですが、くしくもコロナショックを機に広がっていくのかもしれません。今回の緊急措置で実はリアルの場がなくても業務がまわることを体感されている方もいると思います。しかし、逆にリアルを求められる部分も感じられたのではないでしょうか。

社員の安全・安心を確保、従業員に対する安全配慮義務。
今までは考える優先順位は高くない企業もありました。しかし今は多くの企業が働く環境、社員の安全・安心を考える必要性を感じられていると思います。もし、職場に新型コロナウィルスの感染者が出た場合、業務は停滞してしまいます。

各企業は、従業員の健康維持やウイルス拡大防止を重視したオフィス対策を急いでいます。
●テレワーク・リモートワーク、在宅勤務制度の推進
●他者との接触を減らすべく、時差出勤の実施
●多くの時間を過ごすデスク周り、オフィス内レイアウトの変更
●オフィス内動線の見直し
●デスクトップパネル、透明アクリル板等の設置
●社員同士の接触を減らす仕組み作りや、清掃の徹底

しかし、とれだけ対策をとっても。
気密性が高い室内は、ウィルス・雑菌等が繁殖するには最適な環境です。ウィルスや菌は、空気に乗って室内を漂います。また、衣服に付着して外から持ち込まれることもあります。室内で人が動けば空気も動きます。

空気は想像以上に汚染されています。
人間は毎日、20,000回以上の呼吸を繰り返し、15,000リットルの空気を吸っています。そして屋内は外気の10倍近くも汚染されていると言われています。

飛沫感染と接触感染。
新型コロナウィルス発生以降、非常に多く聞く言葉です。接触感染では、トイレでの感染リスクが高いという話も良く聞かれていると思います。



そんな中紹介させて頂くのが、2018年に実用新案登録された"空間"を変えるもの空間清浄器の「j.air」。新型コロナウィルスが徐々に報道されはじめていた2020年1月頃から、より多くの引き合いを頂き、供給が間に合わずに一時販売ができない状況が続いていましたが、生産体制の拡充により提供可能となった為、ご紹介させて頂きます。


モノ・マガジン掲載(2019年5月)
A型インフルエンザウイルス減衰効果確認
ノロウィルス減衰効果確認
実用新案登録(2018年5月)
医療関連施設など導入実績多数



j.air は大量のマイナスイオンと微量のオゾンを発生させ、強力に除菌・集塵・脱臭。「空間」を清浄します。
低濃度オゾンはA型インフルエンザウイルスやコロナウイルス、ノロウイルスなどに対して、不活化効果を持つことが確認されています。そして、除菌効果のある物質「オゾン」が、新型コロナの感染防止に役立つことを世界で初めて実証したと、奈良県立医科大学矢野寿一教授などが発表しました

感染防止に期待高まる「オゾン」が新型コロナの感染力なくす 奈良県立医大などが世界で初めて確認
※ 引用 :「ABCニュース」2020年5月15日 https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_6310.html



導入実績(敬称略)

●医療関連
●保育教育施設
●宿泊施設
●美容店
●スポーツ施設
●ペットショップ
等 感染予防・消臭対策・防塵対策等をされる企業・団体

●キリンビール キリンシティー株式会社
●株式会社プロントコーポレーション
●ニチレイフーズ株式会社 
等 飲食関連企業


空気を変える j.air の使用効果
インフルエンザウイルス等の除菌
風邪やインフルエンザの原因であるウイルスを除菌する効果があります。オゾンを発生させることにより空気中のウイルスの増殖が抑えられます。新型インフルエンザ対しても効果が期待できます。H1N1型インフルエンザウイルスが不活性化されることが証明されています。
O-157や新型肺炎(SARS)食中毒菌の除菌
オゾンは、空気中に漂う浮遊菌や落下菌を除菌することができます。よって、病原性大腸菌(0-157)や新型肺炎(SARS)に対しても、有効な除菌効果および感染予防が期待できます。また、食中毒の原因となる大腸菌・セレウス菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオなどの除菌
カビの防止
床、壁、浴室などに発生、付着するカビに対しても、オゾンの強力な除菌力でカビ菌を死滅させ防カビ効果を発揮します。また、ヌメリや黒ずみも抑えることができます。
マイナスイオン効果
「マイナスイオンの体に良い作用」

●抵抗力・免疫力を高める
血液中のガンマグロブリンを増やし、からだの抵抗力・免疫力を高めます。

●自律神経の機能を向上
自律神経の機能を向上させ、内分泌作用や造血作用を亢進します。

●内臓を健康に
細胞の新陳代謝を活発にし筋肉の活性を高め内臓を健康にします。

●血液の浄化
血液を浄化する作用があります。

「マイナスイオン」は、滝などの近くにいくと多いと言われています。そして、マイナスイオンを豊富に含んだ空気は、生物に快適さや心地よさを感じさせます。現代の世の中、特に都会は、マイナスイオンの反対のプラスイオンが多く、プラスイオンが多いと頭痛・めまい・イライラ・ストレス等の症状が出ます。



j.airは、大量のマイナスイオンと微量のオゾンの組み合わせによって除菌効果を非常に高くしています。浮遊菌や付着菌、O157、黄色ブドウ球菌、カビ菌などの各種細菌を短時間で除菌することができます。
※マイナスイオン(1000万個以上)と低濃度オゾン(0.03ppm労働環境基準値以下)を併用すると、それぞれ単体で使用した時と比べて、除菌効果が10倍になることが分かりました。
※三菱電機総合研究所でも論文で発表


「 空気清浄機 」と「 "空間"清浄器 j.air 」の仕組みの違い




j.airはフィルターに吸い込むのではなく空間に自らマイナスイオンと微量のオゾン放出することで除菌、集塵、脱臭を行います。(フィルターがない為、フィルターの交換は必要はなく簡単な手入れでメンテナンスできます。)
マイナスイオンの抑制力・オゾン酸化力で浮遊菌・付着菌、ニオイ物質を根本から破壊分解します。
浮遊する様々な菌やニオイ物質だけでなく、カーペットや壁、エアコン内などに染み付いた付着菌、ニオイ物質まで除去します。
一度、分解されたウィルス、菌、ニオイ物質は戻りません。
使用電気代は24時間稼働で月額約80円。
静音設計の為、寝室でも音が気になりません。



「 空間清浄機 " j.air "」一次代理店 (株)ElephantPlanning
株式会社 Elephant Planning   は、「食」系のコンサルティング、タイを中心としたインバウンド・現地コーディネート・マーケティング等を扱う企業です。自治体様、「食」関連企業様からのご依頼を多く頂いております。

株式会社 Elephant Planning
http://www.elephant-p.com/

〒101-0037 東京都千代田区神田西福田町2-6 ザ・パークワンズ神田303
TEL : 03-3254-0677 / FAX : 03-6369-3956
mail : otaka@elephant-p.com

品名・型番 j.air (ジェイエアー)
適用面積 6〜25畳(環境により差があります)
集塵方式 イオン方式
放電方法 コロナ放電
マイナスイオン量 1000万個/cc以上
オゾン濃度 0.03ppm(環境値以下)
電源・電圧 AC100V〜240V  50/60Hz
消費電力 約8w
寸法 高125ox幅125ox奥行125o  1300g
本体材質 イオン電極チタン  他ステンレス
カバ−材質 木製
価格 定価 140,000円(税抜)

定価 140,000円(税抜)※購入個数などで価格の相談承ります。電話・FAX・メールでご相談ください。








実験データ





















トップへ戻る